収益物件で不動産投資【確かな知識でウハウハ収益率】

ワンルームマンションを

不動産

投資用ワンルームマンションを副業としているサラリーマンが増えています。ワンルームですから、投資額も少なくて済みます。新築でなくてもよいですし、競売で購入する手もあります。投資額を回収できたら、売る、と言うのもありです。

この記事を読む

留守宅を有効活用する

一軒家

リロケーションとは転勤等によって引越しをした後、不在となった自宅を賃貸に供することをいいます。オーナーには経済的なメリットがあるほか、社会全体から見ても不動産の有効活用につながるという利点があります。

この記事を読む

区分所有物件を持とう

収益物件を購入して上手く経営したいならこちらのサイトで評判の良い不動産仲介業者を紹介しているのでチェックしてみましょう。

流動性を確保できます

不動産

収益物件を購入するのであれば、中古ワンルームマンションがお勧めです。なぜならば中古ワンルームマンションは投資金額が手軽なうえに、売買する人が多いからです。つまり、収益物件の中でも流動性が比較的高いのです。投資をするにあたって流動性が高いことは重要なことです。ある程度の流動性を確保しながら安定した収入を期待できる収益物件が中古ワンルームマンションなのです。また、1棟物件に比べて、エリア分散効果が高いです。1億円でアパート等の収益物件を1棟保有するのであれば、1000万円の中古ワンルームマンションを10戸保有する方がエリア選びを失敗したと判断しても1戸の中古ワンルームマンションを売却するだけで失敗を取り戻せます。

震災リスクを分散できます

また、異なるエリアに複数戸保有することで震災リスクも低減することができます。1棟物件を保有していた場合、そのエリアが震災に合ってしまえば、保有資産全てが震災の影響を受けてしまいます。中古ワンルームマンションをいくつか保有していれば、そのうちのいくつかは震災の影響を免れることもあります。中古ワンルームマンションのように区分所有する収益物件は管理運営における融通が利かないと考える人も少なからずいますが、毎月、修繕金をきちんと積み立てたり、ルールがしっかりと決まっていたりすることで、区分所有している建物の資産価値が守られているという考え方もできます。さらに将来的には相続時に1戸ずつ分け与えるということも可能です。

マンションの経営の不安点

沢山のマンション

マンション経営のリスクは、初期投資額の回収までの期間が長いことです。その期間が長いと経営的危険もどんどん高くなります。借りてくれる人のリスク、災害のリスクなどもあります。そうしたことを踏まえて、専門業者に委託する方法もあります。

この記事を読む