格安SIMを契約してスマホ代を節約しよう【注意点とは】

婦人

スマホの料金を下げるコツ

スマホ代の節約は1万円前後抑える事も難しくないので、高いと感じている場合は、格安SIMの契約利用するのがおすすめです。家族がいる場合はシェアプランを契約するとお得になります。使用プランによっても内容が異なるため、目的に適したプランを選ぶようにしましょう。

SIMカード

スマホをお得に使おう

スマホ代を節約するのに格安SIMを使ってみるという選択肢があります。格安SIMを使うと基本的にパケット代が安くなりスマホ代が節約できます。ただし、通話に関しては格安SIMは料金が少し高めになるので、あまり通話をしない方は格安SIMを検討してスマホ代を節約してみてはいかがでしょうか。

スマホ

スマホにお金がかかる人に

格安スマホの利用することで、スマホ代を大幅に節約することが可能になります。最大で3分の1ほどの通信料金を減らせる可能性があると注目を集めています。また、格安スマホは大手の通信事業者のネットワークを借りていることから、対応エリアも幅広く、通信スピードも良いと評判です。

婦人

携帯料金を減らす方法

格安シムの契約には本人名義のクレジットカード、本人確認書類とMNPが必要になりますが、原則18歳以上なら誰でも契約できます。最近は確認書類の提出もすべてネットで行えるので郵送の手間もかからず、スマホ代の節約候補として格安シムはますます身近な存在となっています。

男性

プランの確認からスタート

スマホ代は使用する用途やキャリアによって料金を大幅にカットすることができます。通話が多いかデータ通信が多いかによって、利用するプランの変更やキャリアを変更することで、月々のスマホ代を節約することが可能になります。

MVNOの良い点注意点

スマホ

料金の見直しと選択

毎月スマホ代にかかる料金は、平均すると月6000円以上と言われています。スマホ代を節約するには、格安でネット通信ができるMVNO(無線通信基盤を他の通信事業者から借りて独自のサービスを提供する事業者)が主流になっています。ネットで動画や音楽を再生すると多くの通信料を消費します。ほとんどの通信会社で月に快適にネットを利用できる容量に上限が設けられています。月に7GBや10GB等、通信会社やプランにより異なりますが、格安SIMを提供する通信会社でもこちらに関する条件はほぼ同じになります。同じ条件であればスマホ代を節約できる格安SIMの方がお得になりますが、格安SIMにもメリット・デメリットがあります。まずメリットは、やはりスマホ代が大幅に節約できることです。使用量により異なりますがライトユーザーを基準にした場合、月に約2000円程で済む格安SIMが多く存在します。また直接店舗に足を運ばずネット上だけで契約できる利便性の高さも評価されています。逆にデメリットとしては、支払いがクレジットカード払いのみの通信会社が多く(一部口座振替の通信会社もあります)クレジットカードを所持していない人はすぐに利用できない面や、一部アプリの機能が制限されていることもあります。ネットを使う頻度が低くスマホ代が節約できればよいという人には格安SIMは合っています。特に有名なブランドでないと駄目というこだわりがなければ、格安SIMは選択肢に入れることはできます。