収益物件で不動産投資【確かな知識でウハウハ収益率】

留守宅を有効活用する

転勤中の自宅を賃貸に

一軒家

せっかく購入したマイホームでも、何らかの事情で住み続けることが困難になる場合があります。たとえば転勤です。新しい勤務先が自宅からは通勤できないような遠隔地にある場合は、引越しをしなくてはなりません。いずれは戻ってくることが分かっているのであれば、転勤後も自宅は売り払わずに残しておきたいと考える人は決して少なくありません。ただ、転勤期間中に自宅を空き家のままにして住宅ローンだけを支払い続けるのはいかにも不経済です。そんなときに便利なのが、リロケーションというサービスです。リロケーションとはオーナー不在中の住宅を賃貸住宅等に一時的に転用することをいいます。このサービスを利用することで、留守宅という遊休資産を有効に活用することができます。

ローンの返済を助ける

リロケーションという言葉はもともとは住宅管理のほか引越しに関わる手続きなど、移動に伴う諸作業を総合的にサポートするサービスを指していました。しかし現在ではもっぱら留守宅を賃貸に供することを意味する用語として定着しています。リロケーションサービスを利用すれば、賃貸によって得られる家賃収入をローンの返済に充てることができるため、家計を助けることになります。また、住人がいることで防犯等の効果も期待することができます。リロケーションサービスの人気が特に高まってきたのは、2000年代に入ってからのことです。この時期、借地借家法の改正によって定期借家権という制度がスタートしました。これによって、たとえば転勤期間のみに限定した賃貸借契約を結ぶといった住宅の利用方法が容易に実現するようになったのです。