収益物件で不動産投資【確かな知識でウハウハ収益率】

ワンルームマンションを

投資のために買う

不動産

サラリーマンも副業をする時代になっています。その一つとして人気があるのが、投資用ワンルームマンションになります。投資用ワンルームマンションはマンション投資の中では圧倒的に費用が安くて済みます。つまりは、マンションを丸々一棟買うようなことではなく、一室だけ購入して、それを運用するわけです。投資用ワンルームマンションと言うのはそうしたことを指します。これは極端に儲かるわけではないですが、安定した利益の見込めるワンルームマンションであれば、それこそ、年金代わりに期待することができますから、人気があるわけです。マンション自体は中古でもよいです。新築で買うこともありますが、費用的には中古の方が良いです。

中古での投資

投資用ワンルームマンションといっても、その為に特別に造られて販売されている物もありますし、自分で中古のワンルームマンションを購入して運営することもあります。特にお勧めできるとされている購入の仕方が競売です。これは相当に安く買うことができますから、早く投資額を回収することができます。ちなみに投資額を完全に回収した後から、利益に転換するわけですが、その後の先行きが不安であるならば、その時に売ってしまう手もあります。そうすれば、そのマンションの売却代金がそのまま利益となります。改修も必要ですし、賃貸物件では景気の見通しも重要であり、そこに一抹の不安があるならば、利益が確定していることが前提ですが、売ればよいです。